頑丈、実直、 ボールウォッチ エンジニアII マーベライト 

    とにかく頑丈、実直な機械式時計が欲しい! でも、できるだけ他人とかぶりたくない!  というならボールウォッチ。
    視認性抜群の3針時計エンジニアII マーベライトはビジネス向けモデルの1つ。

    けっこうでかいし、重いし、ギラギラ感もあるけど、ロレのデイトジャストIIの質感と大きさに感性が合う人なら、この時計は絶対大丈夫。 そのうえプライスに適正感あり! 

    Ball Engineer II Marelight

    Since 1891, accuracy under adverse conditions
    1891年以来、あらゆる過酷な環境の下で正確に時を告げる


    ボールウォッチはアメリカの鉄道員の時計が起源。
    時計マニア、鉄ちゃんでなくても、読むも涙の実直ヒストリーがあるので、時間のある人はホームページで読んでみてください。
    http://www.ballwatch.com/global/jp/home.html

    ゴツさ、ずっしりとした重さのある装着感は、まさに実直な鉄道マンのための道具という感じ。
    個人的には、38mmバージョンがあれば買いなのだが・・・ 

    以下、ホームページから拝借。

    マイクロ・ガスライトの威力
    自発光のマイクロ・ガスライト(3H)は、スイスの革新的なレーザー技術によって作られた新しい夜光システムで、その明るさは従来の夜光塗料と比べ約70倍にも達し、10年以上にわたり輝き続けます。ボールのマイクロ・ガスライトは、光で蓄光したり電池を用いる必要がなく、どんな環境でも常に正確な時刻を読み取ることができます。

    頑強な構造
    現在考えられる最高の品質基準に基づいて作られたボール ウォッチのすべてのモデルは、耐衝撃テストにより5,000Gsの衝撃に耐えることが実証されています。耐衝撃テストは国際標準化機構のISO1413に基づく振り子衝撃装置を利用し、円運動をするように設計された振り子のハンマーを1m離れた位置から振り下ろし、時計に衝撃を与えます。

    耐磁時計の構造
    ボール ウォッチ製品に採用されている耐磁性に優れたケース構造は、軟鉄製の裏蓋とインナーリングでムーブメントを囲い内部のムーブメントを保護しています。この画期的な合金はケースの形状によりさらに強化され、磁気がムーブメントに進入するのを防ぎ、時計の精度への影響を限りなく遮断します。

    ・・・やりすぎ感半端ないっす。



    自動巻(BALLキャリバー RR1103)
    時、分、日付表示
    針・文字盤に14個の自発光マイクロ・ガスライト
    耐衝撃性:5,000Gs
    防水性:100m
    耐磁性:4,800A/m
    ケース:ステンレススティール製
    直径40㎜、厚さ13.15㎜、重さ182g
    反射防止処理済みサファイアガラス
    ねじ込み式リューズ
    バンド:ステンレススティール・ブレスレット
    ダイアル:ブラック、ブルー、グレー、またはシルバー
    関連記事
    時計あれこれ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/05/11 14:31
    コメント

    管理者のみに表示