一休さん 「和尚さんがこっそりなめていたもの」

    ikkyu ame   ikkyu.jpg



    一休さんが台所を覗いてみると、和尚さんが一人でこっそり何かをなめていました。



    一休  和尚さんそれは何ですか?




    和尚    「うっ、一休!? こ、これは毒じゃ。子どもがなめると死んでしまう毒なんじゃ」




    一休(あれは水飴に違いない。和尚さんは僕たちに内緒で独り占めするつもりだったんだ・・・よーし)




    一休さんは一計を案じ、夜中にこっそり水飴をなめてしまいました。










    一休  「ウゲー! ウガッ!!

    和尚 「 いっきゅ―――ゥ!! いっきゅ―――ゥ!!

    関連記事
    ジョーク | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/10/21 14:10
    コメント

    管理者のみに表示