強迫性障害  こうなったら病院に行った方がいいと思う件

    arekore3 (9) 

    強迫症状とは強迫性障害の症状で、強迫観念と強迫行為からなる。両方が存在しない場合は強迫性障害とは診断されない。強迫症状はストレスにより悪化する傾向にある。調査によると全人口の2%前後が強迫性障害であると推測されている。
    強迫観念
    (きょうはくかんねん)とは、本人の意志と無関係に頭に浮かぶ、不快感や不安感を生じさせる観念を指す。
    強迫行為(きょうはくこうい)とは、不快な存在である強迫観念を打ち消したり、振り払うための行為で、強迫観念同様に不合理なものだが、それをやめると不安や不快感が伴うためになかなか止めることができない。

    関連記事
    痛い系 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/09/01 12:51
    コメント

    管理者のみに表示