ロンドンの美術館に巨大な地割れが発生した件

    デスクトップ (2068) 

    ロンドン現代美術館テート・モダンの作品


    コロンビア人アーティスト ドリス・サルセドという人が、5週間かけてコンクリートの床を掘り、

    全長167メートルの地割れを作ったそうです。 ワケワカンネ

    関連記事
    アート系 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/09/09 14:08
    コメント

    管理者のみに表示