定番 Top-Sider デッキシューズ

    デッキシューズと言えば、Top-Sider。 1935年に誕生したアメリカを代表するブランド。

    マサチューセッツのヨットマン ポール・スペリーが、氷上でも元気に走り回る愛犬の姿からインスピレーションを受け開発した滑りにくい形状の「スペリーソール」が特徴。

    そして、ソールが白いのは、デッキを汚さないため。だからデッキシューズのソールは白でないとダメです。

    キャンバスのAuthentic Oxfordが定番中の定番。ConverseのAll Star等の定番モデルと比べて、大人っぽい雰囲気。

    カジュアルスタイルは当然として、ブレザーでも似合うことがあります。

    でも、できれば素足ではきたいモデルです。

     
    このオレンジ。なかなかいいです。



    2009年の新作 
    トップサイダータイプ 2009新作 スウェード デッキシューズ 60 ライム 27cm
    関連記事
    靴・シューズ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2009/06/24 00:12
    コメント

    管理者のみに表示